MENU

全額要求されたら任意売却が得策

せっかく手に入れた住宅、出来ればずっと住み続けていたいのでは当然です。
しかし住宅ローンがどうしても払えなくて、金融機関から一括返済請求が来ているなら、住宅を手放すしかないでしょう。
住宅を手放す事で返済の苦しみから解放され、より良い生活を取り戻せるなら、決断を躊躇うべきではありません。

 

とは言え、ただ住宅を手放せば良いというものではありません。
住宅ローンが払えない状態だとしても、金融機関による一括返済請求〜競売申立は絶対に避け、任意売却を行うべきです。
このページでは競売と任意売却の違いなどを解説しています。

 

 

 

 

競売と任意売却の違い

売却価格

競売では、一般的な不動産売買の相場と比べると、半額程度の金額で落札される事が殆どです。
競売の場合、通常の住宅ローンの利用はできず、入札者は落札代金を現金一括で支払う必要があります。
入札者の大部分は資金力のある不動産業者などで、競売物件で利益を得る為に入札を行っており、このため高値での売却は難しいのです。

 

任意売却の場合、概ね通常の売買相場の1割減程度の金額で売却できる為、売却額に大きな差が出来ます。
自宅を売却した後の住宅ローン残債務返済を考えると、競売は避けるべきでしょう。
※任意売却も、瑕疵担保責任が免責されるため相場金額よりは安くなります。

 

転居費用

自宅が競売で落札された場合、転居のための費用を交渉するのは難しいでしょう。
落札人が引っ越し代の提供を申し出る場合もありますが、大抵の場合それは住人を安く追い出すためです。
金額がかさむとなれば、強制執行を行えば良いのですから、転居費用の交渉にはまず応じません。
任意売却の場合、あらかじめ転居費用を約束した上での売却が可能です。

 

転居時期

競売の場合、自宅が落札されたら速やかに転居する必要があります。
転居に応じないでいると強制執行が行われ、それこそ自宅から叩き出されてしまいます。
任意売却の場合、売却前に転居時期の交渉を行う事が可能です。
行くあてもなく、自宅を追い出される事態を考えれば、早めに任意売却する方が賢明です。

 

複数の不動産から査定を取得する

任意売却は、通常の不動産取引とは異なる経験を要求されます。
一括返済請求をして来ている金融機関と抵当権抹消の交渉を行う必要がありますし、住宅ローンの残債務や、引越しの手配など多岐に渡った処理が必要です。
大手の不動産会社担当者が経験豊富とは限りませんので、なるべく多くの業者に査定を依頼して、任意売却の経験がある担当者を探しましょう。
不動産会社に査定を依頼するなら、ネットでの一括査定サイトが便利です。

 

公式HP:不動産売却HOME4U

 

住宅ローンの一括返済請求、任意売却の対応

住宅ローン、任意売却、それに伴う法律上の問題を一括して対応して貰いたいなら、「住宅ローン相談センター(旧、全国個人再生支援機構)」に相談するのが良いでしょう。
弁護士や不動産鑑定士などのプロが、住宅ローン問題の解決を支援してくれます。
金融機関からの一括返済請求についても相談にのってくれます。
住宅ローン相談センターの、問題解決スキームは以下の図のようなものです。

 

 

図からも分かるように、法務ネットワークを通じて、支払い請求してきている債権者を交渉してくれます。
住宅ローン相談センターには、無料相談窓口が設置されていますので、まずはWEBから問い合わせしてみると良いでしょう。
折り返し連絡が来ますので、今後の事についてご相談下さい。

 

 


公式HP:一括返済請求相談窓口(住宅ローン相談センター)

 

電話番号:0120-268-023


inserted by FC2 system