MENU

住宅ローンを返済額軽減型で繰り上げて失敗した体験談

住宅ローンは長い期間に渡り返済していくものですから、金利の負担を少しでも軽くしたいと思うのが普通です。
毎月の返済によって元金が少なくなればその分金利の負担を減らすことができますので、繰り上げ返済を考える人も多いと思います。
住宅ローンの繰り上げ返済には期間短縮型と返済額軽減型があります。

 

 

期間短縮型は返済額を変えずに返済期間を短縮する繰り上げ返済となりますが、返済額軽減型は返済期間はそのままに返済額の負担を減らす繰り上げ返済となります。
基本的に考えると返済期間が短くなればなるほど金利の負担を減らすことができますので、返済期間短縮型が最も経済的な繰り上げ返済となるのです。
どちらを選択するかは非常に重要ですし、失敗すると今後のライフプランにも大きな影響があります。

 

繰り上げ返済を考えた時に悩まされた部分が、貯蓄を全て使い果たしてしまっても良いかという点です。
いざという時に払えない、ローンが払えないということも考えられるからです。
貯蓄はいざという時に役に立つものですから、無いよりはあった方が良いのは当然ですので、どちらの繰り上げ返済を選ぶかで迷ったのです。

 

結局貯蓄をすべて吐き出すことには不安感があったため、利息で有利な期間短縮型にはできず返済額軽減型を選択したのですが、どうせなら期間短縮型の繰り上げ返済を選択すればよかったと思っています。
期間が短縮できればその分貯蓄をする期間を多く持てるわけですが、返済額軽減型では結局使ってしまうことが多くなるため思うように貯蓄できないのが現在の悩みです。
心配していた住宅ローンを払えないという事態もありませんし、失敗したかもしれません。

 

住宅ローンが払えない!もう無理!と思ったら、正しい方法で対応することが必要です。

当サイトでは、ケース別の対応方法を紹介していますので、宜しければ参考にして下さいね。

 

 

住宅ローン 払えない


inserted by FC2 system