MENU

出産で住宅ローンの返済が苦しくなった体験談

現在、頑張って月々の支払いを続けていますが、結構大変です。
私が住宅ローンを組んだのは、事情があって、独身のときでした。
正社員で会社勤めをしていたので、お金には困っていませんでしたし、地味で普段からお金を使うほうではなかった私は、独身としては決して無理のない金額の返済計画をたて、月々の返済を地道に問題なく行っておりました。

 

 

しばらくして結婚することになり、間もなく子供を出産、一度は職場復帰を果たしましたが、子どもが二人に増えた時点で育児との両立はできず。
涙をのんで退職する運びとなりました。
すると、稼ぎ手は夫一人となり、やはり正社員で人並みの稼ぎはありましたが、子ども二人を抱え、生活費その他…ということを考えると、当初、自分一人で支払いが楽々できていた金額ですので、住宅ローンが払えないわけではないものの、なかなか大変な金額であることがわかってきました。

 

これは自分が独身の期間、また共働きの期間も全く気付かず、出産して初めて分かったのです。
しかし、今思えば、住宅ローンを組んだ時点で、結婚することも視野に入れておいてもよかったはずです。
女性ですから、妊娠出産、果ては退職ということもあり得た話だったのです。

 

それを考え付かなかったのが失敗だな…と思うと同時に、ローンの担当者の人も、プランナーのような有資格者じゃないのかな? 気付いてくれなかったのかな? 払えないかもって教えてくれてたら・・、と思うこともあります。
他人のせいにしてもいまさらなので、しませんが、目の前の返済はなかなか大変もので、しかも金額の調整も容易にはできない契約だったみたいです。

 

あきらめてしばし苦労しますが、住宅ローンを組む際には先の見通しがいかに大事かと思い知った出来事でした。
特に女性は、結婚、出産、退職と、収入がなくなる可能性について、考えておく必要があります。

 

住宅ローンが原因で夫と喧嘩した体験談

私が独身時代に借りた住宅ローンのせいで、夫と喧嘩してしまいました…。
私と夫とは、付き合いが長く、結婚前から率直な意見をお互いに言うことも多くありました。
その中で、夫が「住宅を買う気がない」ということを話していたのをきいて、では私が…ということで、独身OL時代に私が組んだ住宅ローンがあったのです。

 

結婚すれば夫は結局その家に住むわけで、正社員の共働きでは払えないということは全然ないと思っていました。
そのため、月々返す金額がいくらかとか、利率がいくらかとか、具体的な話をしたことはなかったんです。

 

ところが、結婚後の妊娠で子どもを二人出産したことで、私が退職してしまったので、住宅ローンを返すことが急に厳しくなってしまいました。
正直、このままでは払えないという危険さえも感じはじめました。

 

夏に、夫が急に、住宅ローンの繰り上げ返済を提案してきたので、私は、その意見に乗って、結構大きな金額を繰り上げで返しました。
子ども二人を出産したいるので、そこそこの金額は残さないといけないと思う一方で、住宅ローンを減らすなら今かな、と思って冒険した金額でもあったと思います。

 

すると当然ですが預金が急になくなって、夫の機嫌が悪くなり、喧嘩になってしまいました。
月々の金額が大きすぎる、そんなんじゃこの先払えない! って…、そんな事いまさら?と思いましたけど、後の祭りです。
困ったことになってきたけど、引き落としは毎月やってくるし、頭が痛いです。

 

住宅ローンが払えない!もう無理!と思ったら、正しい方法で対応することが必要です。

当サイトでは、ケース別の対応方法を紹介していますので、宜しければ参考にして下さいね。

 

 

住宅ローン払えない


inserted by FC2 system