MENU

頭金なしでも住宅ローンは組める?

住宅ローンを利用するときには通常は頭金という、ある程度のまとまった金額を支払ってから利用するケースが殆です。
大体2割程度の金額を準備するのが、一般的です。
この2割を準備するため、みんな頑張って貯金していますが、貯金が無くても、どうしても家が欲しい人もいると思います。
では金額が用意できない場合、頭金なしで住宅ローンは利用できるのでしょうか?

 

 

結果を言うと、金融機関によっては利用可能です。
頭金なしだと利用不可にしてしまうと、それだけ住宅ローンの利用ができない家庭が増えてしまいます。
お金を貸して利益を挙げたい金融機関としては、それでは損失になってしまいます。
そのため、頭金なしでの住宅ローンの利用を認めているケースはあります。

 

もちろん、無条件ではありません。
住宅ローンの審査に通ることが条件ですが、頭金なしでも利用は十分可能ということです。
その分、審査は厳しくなります。

 

金融機関の審査では、担保掛目は、物件価格の8割で見積もることが一般的なので、残り2割を頭金なしで借りたいなら、それ以外の条件が良くないと厳しいです。
例えば、勤務先とか、勤続年数とかの条件がとても良い、などですね。
また、頭金なしの場合、なぜ貯金が無いのか?を審査されます。

 

家を買うための準備として、こつこつ貯金してきた実績を見て、住宅ローンを払えそうだという判断をしているからです。
金融機関としては、払えない人に貸したくないですから。
なので、例えば高額な家賃の賃貸に住んでいるとかで、貯金はなくても月々の家賃分で、十分おつりが来る。
そういうケースであれば、可能性はあります。

 

頭金なしで住宅ローンを組んだらどうなる?

頭金なしという事は、それだけ住宅ローンの返済額として残っている部分が多いということを意味します。
つまり、返済にかかる期間も長くなりがちですから、それだけ利息負担も増えることになり、リスクも増大します。
返済期間が長くなればなるだけその間に買った家の価値がどんどん下がっていくため、例えば30年後にローンの返済が厳しくなったとして、家を売ろうにもほとんどお金にならないようなケースがあります。

 

そうなると、借金だけを抱えることにもなりかねません。
だからこそ、住宅ローンの返済期間は、できるだけ短期間であるべきなのです。
そして現実的に返済ができそうな家庭が、返済ができそうな金額を借りるというのが良いのです。

 

住宅ローンは頭金なしでも利用はできます。
でも、その場合は残っている金額が単純に大きくなってしまいます。
将来的に払えない状態が発生するリスクが、頭金ありのケースよりも大きいということは理解しておきましょう。

 

 

住宅ローンが払えない!もう無理!と思ったら、正しい方法で対応することが必要です。

当サイトでは、ケース別の対応方法を紹介していますので、宜しければ参考にして下さいね。

 

 

住宅ローン払えない


inserted by FC2 system