MENU

月々の支払いができない生活

住宅ローンが払えなくなる理由で一番多い理由とは何でしょうか?
やはり失業でしょう。
マイホームを手に入れるために頭金を貯め、家計をやりくりして来たわけですから、それなりに節度ある生活がしているにも関わらず、月々の支払いが出来なくなるというのは、やはり仕事を失ったことによる収入減少が原因であることが多いのです。
失業で月々の返済ができなくなったらどうなるのでしょうか?

 

 

保障付き住宅ローンの場合

融資の契約時に失業保障を付けていた場合、一定期間の支払いが免除されます。
とは言っても、その期間は一般的に6ヶ月程度であることが多く、すぐに仕事が見つからなかったり、大きく収入が落ち込んだりすると返済は難しくなるでしょう。
そもそも失業保障を付けるにも負担が必要ですので、住宅ローンに保障を付けていない人も多いようです。

 

減額すれば払えそうなら

月々の返済額は無理だとしても、減額することで支払いが継続できそうなら、銀行に住宅ローンのリスケジュール(返済計画の見直し)を相談してみましょう。
成功率は低いものの、返済期間を延長することで確実に支払いができるなら、減額に応じてくれる場合があります。
クレジット会社やキャッシング等の借り入れもあるなら、それらの借入を大幅に圧縮する方法もあります。
そういった場合は、まず「無料シミュレーター」で解決できるかどうか確認してみると良いでしょう。

 

滞納のリミットは?

失業して住宅ローンが払えない状態になって、滞納期間が6ヶ月を過ぎると「期限の利益」を喪失したことになり、銀行などの金融機関から一括返済を迫られることになります。
月々の支払いもできない状態で一括返済などできるわけがありませんので、その後「競売」手続きが行われることになります。
競売になる前に銀行が任意売却を勧めてくるケースもあります。
一般的に競売となると、市場価格の半額程度に買いたたかれる為です。

 

失業で無職の場合

例えば高齢で、住宅ローンを払えるだけの収入を得られる再就職の目途がたたないようなら、残念ながら自己破産するしかないしょう。
破産したからといって人生が終わるわけではありませんし、返済に苦しむよりよほど穏やかな生活ができるかもしれません。
自己破産は地方裁判所での手続きが必要になるため、まずは弁護士に相談しましょう。

 

住宅ローンが払えない!もう無理!と思ったら、正しい方法で対応することが必要です。

当サイトでは、ケース別の対応方法を紹介していますので、宜しければ参考にして下さいね。

 

 

住宅ローン払えない


inserted by FC2 system